■ 広がるCMSの可能性

CMSでサイトを作る、その可能性の広がり

こんな夢のようなCMS。それだけに実は色々なCMSサービスが世界にはあふれています。

そうしたサービスの中で比較的有名なものは「WordPress(ワードプレス)」や「MovableType(ムーバブルタイプ)」といった、以前からあるサービスです。みなさんも名前くらいは聞いたことがある方が多いと思います。CMS第一世代といっても過言ではないこれらのサービスは、今でも利点は多々あるものの使いこなしがやや難しく、ホームページ初心者にとっては依然としてハードルが高く感じられました。しかしそうこうしているうちに近年、より分かりやすい操作性と高度な機能を備えた新世代のCMSが台頭してきました。特徴も各CMSさまざまですが、実際に使ってみても納得の機能です。そこで、このサイトではそうしたいわば「第二世代」のCMSに的を絞ってを紹介していこうと思います。

CMS技術のおかげで、これからのホームページ作成は以下のようなスタイルでOKです。

    

・インターネットにつながったパソコンさえあれば他に何もいりません。

・キーボードとマウスの操作ができれば直感的に、誰でも、簡単に

  ホームページが作れます。

・サーバーとかHTML、CSSやFTPなど、難しい事はぜんぶ標準機能の

  中に織り込み済みです。

・サイト運営者は技術的な手段に悩まされず、一番肝心なウェブ

  サイトの内容充実と更新に注力できます。HP製作会社などの

  外部委託を経由せず、なるべく独力で言いたいことを実現して

  いく、これはアメリカで生まれたインターネットやホームページ

  運営の目的・本質そのものです。


CMSの普及によって、従来であればサイト運営の技術(手段)に拘泥していた時間を、コンテンツの拡充といった本来の目的にほぼ100%振り分けることが可能になっていきます。これにより、主張あるホームページ構築運営における「手段」と「目的」を履き違えにくくなっていくと思われます。

この傾向が続いていけば、ひいては中身の無いウェブサイトは淘汰されていく日がくるかもしれません。

そう言えるくらい、CMSは革命的な技術だと私は思います。